事務長 石田 晶義

資格:巡回監査士
出身地:旭川市
趣味:旅行・スポーツ観戦・B級グルメ巡り
血液型:B型
好物:汁なし担々麵・生すし・カレー全般(ビュッフェで必ずとってしまいます)

過去のブログはこちら

腎臓が寿命を決める

2022/05/11

日記

GWは旅行を楽しみました。

その移動の際に何か読む本をと紀伊國屋書店で物色。

帯に書いてあった「45歳以上の1/4は、すでに危険な状態」との文字で購入。

黒尾誠著作、幻冬舎新書より出版。

全6章

第1章 腎臓が寿命を決めていた!

第2章 リンが老化を加速する!

第3章 慢性腎臓病はリンが原因の早老症である!

第4章 若々しく長生きするために、いまわたしたちにできること

第5章 見えてきた老化を防ぐメカニズム

本のサブタイトルは、老化加速物質リンを最速で排出するとの一文。

現代の日本人は、リンを過剰摂取していて、その弊害が多々記載されています。

血中リンはネフロンが排出し、その役割が腎臓。

ネフロンは加齢と共にじわじわと減り、一度減ると回復したり、再生することはない。

リンを過剰に摂取し続けると、よりネフロンを使うため、どんどん数が減っていく。

帯に書いてあったように、腎臓が疲弊している状態の45歳以上の割合が1/4と言われている。

私の結論。

食品添加物にリンが多く含まれているので、ベーコン、ハム、ソーセージの加工食品の摂取を控える。

ラーメンは月3回まで(かんすいに多いそうな)

インスタントラーメンとスナック菓子は極力摂らない。

老けやすさもリンが影響しているとのこと。

見た目若いと言われているので、まだ大丈夫かなと思ったり。

下茹で、茹でこぼしで食品添加物を落とせるそうなので、調理に一手間加えます!

中高年のみならず、予防の観点からも若年層にも読んでもらいたい一冊です。